更年期障害を治療する女医

2016.9.8

低用量ピルとカーマスートラと日本について

古代インドで書かれたカーマスートラは、2000年ほど前のものです。カーマスートラのカーマは愛のことで、スートラとは教えのことです。つまりカーマスートラは、愛の教科書ということです。全体の構成としては7部構成で成り立っていて、女性心理を読む方法など、今を生きる男性でも参考になるような内容です。

低用量ピルは日本での避妊方法としても、高い安全性を持って利用されています。ですが日本での避妊はどちらかというと、コンドームの利用が割合として多いです。避妊具はコンドームは確かに、日本で最も使用されてはいるものの、失敗率の数値は3%から15%になります。正しいしようができないと、望まない妊娠をする可能性は高くなります。

低用量ピルは避妊のためには、効果が高いものです。ですから避妊は低用量ピルを使うという意味合いを深めて、コンドームも使いますが、それは性病予防という意味合いで使うとよいでしょう。性病感染はコンドームの利用で、感染を防ぐことにもなります。女性側の低用量ピル飲みに任せきりにすることなく、男性もマナーとしてコンドームの利用をして、お互いにリスクのない方法をとるkとです。

低用量ピルを服用することでの、起こりうる副作用も最初に知っておくと対処もしやすくなります。ただピルでの副作用は、ほんの一時的なものです。飲み始めなど医薬品の成分に体が慣れていない場合は、頭痛やむかつきを感じやすくなります。しかし成分にはすぐに体が慣れますから、数日間もすれば自然と治まります。生理前に感じるような、胸の張りを感じるケースもあります。少しの量ではありますが、不正出血を起こすこともあります。これは続けてピルを服用していると、そのうちに治まります。

低用量ピルの効果は避妊効果だけではありません。生理不順や不正出血にも用いられ、さらに更年期障害を緩和させる方法としても低用量ピルを用いた治療方法があります。当サイトでは低用量ピルと更年期障害についてまとめております。